ナイトブラは「選び方」が重要! 美バストを守る4つのポイント

Last Updated on 2020年10月8日

美バストを守る4つのポイント  

近頃は「バストの型崩れを防ぎたいから、必ずナイトブラを着けて寝る」という女性が増えてきましたね。しかし、ナイトブラの選び方を間違えると、かえってバストに悪影響を与えてしまいます。自分に合わないナイトブラにはどのようなデメリットがあるのか、正しい選び方と一緒に見ていきましょう。

自分に合わないナイトブラを着けるとどうなる?

型崩れや下垂の原因になる

そもそもナイトブラには、適度な圧着でクーパー靭帯や脂肪を固定し、バストの形を美しく保つ働きがあります。しかし、サイズが合っていないとサポート力がなくなり、就寝中のバストを守ることができません。
また、窮屈なナイトブラを着用すると血行が悪くなり、バストの成長を阻害してしまうことも。相性が悪いナイトブラでは、かえってバストの型崩れや下垂、サイズダウンなどを招いてしまうのです。

かゆみや肌荒れの原因にも

ナイトブラのサイズや素材が自分に合っていなければ、肌への負担も大きくなり、かゆみや肌荒れの原因になります。最悪の場合、体や肌へのストレスが原因で睡眠の質が低下してしまうことも。
これでは、バストだけでなく健康や美容にも良くありませんよね。人の睡眠時間は1日の1/4以上ですから、その間ずっと着けているナイトブラは通常のブラと同じように慎重に選ぶことが大切です。

リアルなバストアップなので自然

脂肪注入豊胸は、仕上がりが本当に自然であることも大きなメリットの1つです。
大きさや形はもちろんのこと、触り心地までもがとても自然に仕上がります。自らの脂肪を注入しているので、レントゲンやマンモグラフィーにも写ることがありません。自分にとっても周囲にとっても自然で、周りにバレにくいのは嬉しいポイントといえるでしょう。

ナイトブラの正しい選び方

バストサイズを測り直してから選ぶ

私たちのバストサイズは、日々刻々と変化しています。以前測ったサイズを基準に購入すると失敗の原因になりますから、今のサイズをきちんと測り直してから選ぶようにしましょう。自分で採寸するときは薄手のブラジャーを身につけて、メジャーを床と水平に当てることがポイントです。

悩んだときはやや大きめのサイズを選ぶ

ナイトブラのサイズ表記は商品によって異なり、S・M・Lで表示されているものが少なくありません。サイズ選びに悩んだときや、バストにボリュームがある方は、締め付けを防ぐためにやや大きめを選ぶことをおすすめします。口コミを参考にしてみるのも良いかもしれませんね。

ワイヤーやフックがないものを選ぶ

日中着用するブラジャーにはワイヤーやフックが使われていますが、横になるとそれらがバストや肌を刺激してしまいます。就寝中の不快感を招かないために、ワイヤーやフックが使われていないナイトブラを選ぶようにしましょう。レースやフリルなども肌触りの低下につながるため、気になる方はシンプルなものを選んだほうが安心です。

伸縮性・通気性に優れた素材を選ぶ

ナイトブラは、サイズだけでなく素材選びも重要です。就寝中は寝返りをうったり、汗をたくさんかいたりしますから、伸縮性や通気性に優れた素材を選ぶようにしましょう。お肌が弱い方には、柔らかく吸湿性の良い綿混素材がおすすめです。

ナイトブラを正しく選んで美バストをキープしよう

就寝中のバストを守ってくれるナイトブラですが、自分に合ったものを着けなければ意味がありません。ご紹介したようなポイントに注意しながら、バストの丸みや美しさを保つ最適なナイトブラを見つけてくださいね。

資料提供:池田ゆう子クリニック

ナイトブラ , バスト , バストの垂れ , バストアップ , バストケア , バストサイズ , バストマッサージ , バスト崩れ , 美しいバスト , 美バスト , 脂肪注入