バージスラインを作る方法って? バストをキレイに見せる作り方

Last Updated on 2020年5月15日

 バージスラインを作る方法って? 

睡眠とバストの成長には、深い関係があるといわれています。バストアップを意識している女性なら、皆さんすでにご存じかもしれませんね。
しかし、具体的にどう関係しているかまでは、知らないことも多いもの。そこで今回は、睡眠と育乳の関係性を、バストアップにつながる睡眠のポイントとあわせてご紹介します。

 バストとバージスラインの関係性 

バージスラインは、胸と体の境界線、バストの輪郭とも呼ばれる部分です。下乳のライン、というとわかりやすいかもしれませんね。そんなバージスラインがくっきり現れていると、女性らしく魅力的なバストに見えるようになります。
一方、バージスラインがはっきりしないと、バスト自体がぼやけて見えて、実際のサイズより小さく見えてしまうことも。バージスラインがなくなる原因には、バストの下垂や型崩れなどが考えられますから、これらにアプローチする対策が必要です。

美しいバージスラインを作るには

バストに合ったブラジャーを着ける

理想的なバージスラインを作るためには、ブラジャーの種類や着け方を見直すことが大切です。日中はバストの揺れや動きで脂肪が流れやすいので、ワイヤー入りのブラジャーでしっかり固定しましょう。ただし、ブラの形がバストに合ってなければ意味がありません。必ず、ワイヤーがバージスラインにぴったり合うブラを身につけるようにしてくださいね。

また、着ける際も、脇腹や背中、お腹などに流れた脂肪をカップにかき集めることがポイントです。これを習慣化することで、はっきりとしたバージスラインを目指すことができます。

一方、夜の就寝中は、ワイヤー入りのブラだと血行不良を招くため、ある程度リラックスできるナイトブラを着けることをおすすめします。脂肪の横流れを防ぐことで、キレイなバージスラインをキープできますよ。

大胸筋を鍛える

バストの土台にある大胸筋が衰えると、バストにハリがなくなり、下垂を招きやすくなります。ふっくらバストとくっきりとしたバージスラインを手に入れるために、大胸筋の筋トレも習慣にしましょう。手のひらを胸の前で合わせる合掌のポーズの他、以下のようなトレーニングが効果的です。

① 床に膝をつける
② 両腕を肩幅よりやや広めに開いて手を床につける
③ 膝から肩が、斜め一直線になるように調整する
④ ②の体勢のまま、ゆっくり腕立て伏せをする
⑤ 10回を1日1~3セットおこなう

マッサージをする

バストアップに欠かせないマッサージは、美しいバージスラインを作るためにも効果的です。脂肪をバストに集めながら血行を促すことで、バージスラインを際立たせることができます。バストに栄養が届きやすい入浴中やお風呂上がりに実践して、くっきりとしたバージスラインを目指しましょう。

① 右のバストの外側に左手を当てて、背中や脇腹から脂肪をかき集める
② 同じようにお腹からも脂肪を引き上げる
③ 左のバストも、右手で同じようにくり返す
④ 最後にバージスラインに沿って手のひらをあてて、バストを持ち上げる
※脂肪をバストの内側に固定するイメージで持ち上げましょう。

今回は、美バストを叶えるバージスラインの作り方をご紹介しました。バストアップ方法とあまり変わらないように思えますが、バージスラインを意識することで、見た目により良い影響をもたらします。ふっくらと魅惑的なバストを手に入れるために、バージスラインを作るケアを取り入れてみてはいかがでしょうか。

資料提供:池田ゆう子クリニック

くびれ , アンダーバスト , ナイトブラ , バスト , バストアップ , バストケア , バストサイズ , バストマッサージ , バージスライン , 美しいバスト , 美バスト , 育乳 , 育乳ブラ