ランニングでバストは垂れる? 防ぐ方法はあるの?

Last Updated on 2020年12月3日

ランニングでバストは垂れる? 防ぐ方法はあるの? 

健康維持やダイエットのためにランニングを習慣にしている女性は多いものです。その際に何の対策もしないままだと、バストが垂れる原因につながることがあるのをご存じでしょうか?
ここではランニングとバスト下垂の関係や、バストが垂れるのを防ぐ対策術をご紹介します!

ランニングでバストが垂れる? その原因は?

ランニングでバストが垂れる、という話を聞いたことがある方は多いかもしれません。
そもそもバストが垂れるのは、胸が上下に動き、胸の内部にある「クーパー靱帯」が切れてしまうからなのです。

クーパー靱帯は、胸の脂肪組織と乳腺をつなぐロープのようなもの。コラーゲンを主成分とし、胸を持ち上げて支える役割を果たしています。
このクーパー靱帯は、ランニングなどで胸が継続して激しく上下したときに切れてしまうことがあるのです。

とはいえ、ランニングや激しいスポーツ自体が悪いわけではありません。
スポーツをするときにスポーツブラを身に着ければ、揺れからバストを守ることができ、バストの下垂を防ぐことができます。

バストが垂れるのを防ぐ! スポーツブラの選び方

スポーツブラには、バストが揺れないようにぴったりとフィットし、支えてくれる効果があります。
とはいえ、スポーツブラには様々な種類があり、どれを選べばいいのか分からない……という方も多いでしょう。
そのような方に向け、バストの下垂を防ぐための「ランニング用スポーツブラの選び方」をご紹介します。

①「ランニング用」と書いてあるもの

スポーツブラの中には「ヨガ用」「フィットネス用」など、目的に応じてさまざまな種類の製品があります。
その中でもおすすめなのが「ランニング用」に開発されたスポーツブラです。
ランニングをおこなう際には、胸が円を描く形で動きます。ランニング用のブラはさまざまな方向からバストを支えてくれるように工夫されており、揺れを軽減してくれるのです。

②メッシュなどで通気性のよいもの

サポート力の高いスポーツブラの中には、汗をかいたときに蒸れやすくなってしまうものもあります。
ランニング中は大量の汗をかきますので、メッシュ素材でできているものなど、通気性のよいスポーツブラを選びましょう。
また、速乾素材のスポーツブラを選べば、汗で冷えたり蒸れて肌トラブルを起こしにくくなったりする効果もあります。肌トラブルが心配な方は、こうした素材でできているものを選ぶようにしましょう。

③アンダー部分もしっかりホールドしてくれるもの

アンダーベルト部分の縦幅が広いスポーツブラは、バストを下からきっちり支えてくれます。
また、肌との接地面が多くなることで、ランニング中のブラのずれを抑える効果も。
伸縮性があり、体の動きに合わせて密着してくれるものを選びましょう。

④肩ひもが太めのもの

スポーツブラ選びの際には、肩ひもが太めのものを選ぶことがポイントです。
肩ひもが細いものはバストを支える際にも安定しにくく、ひもが肩に食い込んで痛みを感じることがあります。
一方、太めのものならバストを安定して支えやすく、食い込みも気になりにくいでしょう。

ランニング時はスポーツブラでバストをサポートしてあげよう!

ランニング中はバストが大きく上下しやすいもの。バストが垂れるのを防ぐためにも、スポーツブラでしっかりとサポートしてあげましょう。また、スポーツブラの購入時は試着をおこない、体にフィットするか確かめてから買うようにするといいですね。
時を重ねても美しいバストをキープするため、できる限りの対策を心掛けることが大切ですよ。

資料提供:池田ゆう子クリニック

バスト , バストの垂れ , バストアップ , バストケア , バストサイズ , バストマッサージ , バスト崩れ , 筋トレ , 美しいバスト , 美バスト , 脂肪注入