今、見直したい! 「ワイヤー入りブラ」に隠されたメリットとは?

Last Updated on 2021年1月31日

今、見直したい! 「ワイヤー入りブラ」に隠されたメリットとは? 

ワイヤー入りブラのメリットとは?

昨今、着け心地が比較的楽で快適なノンワイヤーブラの人気が高まっています。さまざまな種類のノンワイヤーブラが登場していますから、愛用している方も多いでしょう。
しかし、いまだに主流はワイヤー入りブラで、意外と知られていないメリットも数多くあります。今回は、美しいバストを保つヒントとして、ワイヤー入りブラのメリットを再確認してみましょう。

ホールド力・安定感がある

ワイヤー入りブラの最大の特徴は、バストを固定する力に優れていることです。バストの柔らかな脂肪を包み込み、脇などに流れ出ないように支えてくれます。揺れに強く、安定感があることが、ワイヤー入りブラ第一のメリットといえるでしょう。

バストの下垂や型崩れを防ぐ

ワイヤー入りブラにはホールド力がありますから、バストの下垂や型崩れを防ぐ効果も期待できます。脂肪の流れを防ぐとともにバストラインを美しく保つことで、若々しい胸元をキープしやすくなるのです。
特にバストサイズが大きい方、豊胸でボリュームを与えた方は、日常生活の中で脂肪の揺れや流れが生じやすいため、日中はワイヤー入りブラでしっかり固定することをおすすめします。

バージスラインを作る効果も

バージスラインとは、バストと体の境目にあるラインのことで、ちょうどブラジャーのワイヤーが当たる部分になります。このラインがくっきり現れていると乳房のふくらみが強調され、美しく魅力的なバストに見えるといわれています。
そんなバージスラインを作る手助けをしてくれるのが、ワイヤー入りブラです。ノンワイヤーブラだと脂肪が流れてバージスラインがぼやけがちになりますが、ワイヤー入りブラでしっかり固定すると、はっきりとしたバージスラインが現れやすくなりますよ。脂肪を胸に集めるバストアップマッサージと併用すると、さらに効果的です。

谷間を作ってキープする

ワイヤー入りブラは脂肪を固定することから、バストメイクがしやすいという特徴があります。比較的バストサイズが小さい方でも四方に流れた脂肪を寄せて上げれば、谷間を作ることが可能です。ノンワイヤーブラでも谷間を作れるタイプが登場していますが、キープ力はワイヤー入りブラのほうが優れているでしょう。

メリハリのある女性らしい体型を作る

薄手のニットを着るときなどはボディラインが強調されるため、少しでもメリハリのある体型に整えたいですよね。そんなときこそ、ホールド力のあるワイヤー入りブラが重宝します。
バストの脂肪を固定してトップにボリュームを与えるとともに、すっきりとした脇を作ることで、メリハリのある女性らしい体型に近づきますよ。デートやパーティーシーンなど、勝負時はやはりワイヤー入りブラのほうが自信を与えてくれるでしょう。

ワイヤー入りブラを賢く使おう

ワイヤー入りブラは今回ご紹介したように、バストメイク力やキープ力が優れています。下垂や型崩れが気になり始めたならノンワイヤーブラだけに頼らず、ワイヤー入りブラも賢く使ってみてはいかがでしょうか。
日中や勝負日はワイヤー入りブラ、夜やリラックスタイムはノンワイヤーブラと、時間やシーンによってブラを使い分けて、理想的なバストを保っていきたいですね。

資料提供:池田ゆう子クリニック

バスト , バストの垂れ , バストアップ , バストケア , バストサイズ , バストマッサージ , バスト崩れ , 美しいバスト , 美バスト , 脂肪注入