40代におすすめの豊胸術は? 意外なメリット・注意点もチェック!

Last Updated on 2020年10月8日

 40代におすすめの豊胸術は?  

バストの悩みは年代によってさまざまで、40代になると下垂やハリの低下に悩む方が急増します。「バストアップのためにサプリメントや運動を取り入れているけど、なかなかハリが回復しない……」と落ち込む40代女性も少なくありません。
そのような40代特有のお悩み解消には、脂肪注入による豊胸がおすすめです。なぜ40代の豊胸に脂肪注入が適しているのか、豊胸をする際に注意したいポイントとあわせてご紹介します。

40代の豊胸に脂肪注入が適している理由

自然なハリで周囲にバレにくい

脂肪注入は、自分の脂肪を胸に注入する手術です。本来のバストとほぼ同じ状態を再現でき、自然なハリをもたらします。バッグやヒアルロン酸による豊胸だと不自然なハリや硬さが生まれることがありますが、脂肪注入であれば柔らかく年相応のハリになるため、違和感が少ないのです。周囲に豊胸がバレたくない方にも、最適な施術といえるでしょう。

気になる部分の脂肪をバストに移せる

バストに注入する脂肪は、全身のどこからでも吸引できます。たとえばお腹から脂肪を吸引してバストに移植すれば、豊かなバストとくびれたウエストが一度に手に入り、理想的なプロポーションに変貌できます。運動や食事制限などのダイエットをしなくても、簡単にメリハリボディを手に入れられるのです。
お腹の以外にも、二の腕、太もも、ヒップ、ふくらはぎなどから脂肪の吸引可能です。気になる部分の脂肪を減らせることも、体型に変化が現れやすい40代女性に支持されるポイントになっています。

痛みが少ない

バッグ挿入による豊胸は、7日ほど激痛が伴います。わきの下を切開してバッグを挿入するため、術後の強い痛みが続きやすいのです。
一方、脂肪注入は注射器で脂肪を注入するだけですから、術後の痛みはほとんどありません。まれに脂肪吸引部位が痛むことがありますが、クリニックで処方される鎮痛薬を飲めば抑えることができます。

マンモグラフィーを受けられる

バック挿入法の場合、胸に異物を入れているため基本的にマンモグラフィーを受けられません。一方、脂肪注入法であればマンモグラフィーを撮影できます。40代になると乳がんリスクが上がるといわれていますから、検診しやすいことは大きなメリットといえるでしょう。

40代からの豊胸で注意すべきこと

”やりすぎ豊胸”に要注意

バストの下垂が進んでハリが低下すると、「20代の頃のバストに戻りたい……」と思ってしまいますよね。しかし、いくら望んでいても、豊胸で20代のようなピチピチのバストにすることはおすすめできません。
バストに十分なハリを与えても、体の他の部分は年相応に変化していますから、バランスが悪くなってしまうのです。そうなれば、周囲にバレるリスクも高まります。くれぐれもやりすぎ豊胸は避けて、自然な豊胸を目指しましょう。もちろん、後悔しないために技術の高いクリニックを選ぶことも大切です。

今回は、脂肪注入豊胸のメリットを40代女性に向けてご紹介しました。脂肪注入は女性本来の美しいバストに導きますから、40代女性にもっともふさわしい施術です。また、40代のバスト悩みにもしっかり対応できます。自然な柔らかさとハリを求める方は、ぜひお気軽にご相談ください。

資料提供:池田ゆう子クリニック

バスト , バストアップ , バストケア , バストサイズ , バストマッサージ , 美しいバスト , 美バスト